塾講師になる方法

塾講師になる方法は、プロ講師とアルバイト講師によってやや異なります。プロ講師になる場合は、大学在学時に就職活動をして正社員として雇われます。フリーエージェント系の講師の場合はそれに加えて難関の試験と模擬授業を課されるケースも多いです。塾側としても、プロ講師を雇用する際はやや慎重になる傾向にあります。

アルバイト講師の場合は、求人情報を調べて面接を受ける場合とかつて通っていた塾からスカウトされる場合があります。求人情報から雇用される場合はフリーペーパーや求人サイトを見て、電話をする、又はWEBフォームで対応します。また、教育業界で多いのは、かつての教え子であった元生徒を講師として迎えいれる事が多いようです。雇用する側からしても、人間性や学力がわかっている元教え子を積極的に取りたがる傾向にあるようです。

学生で塾講師をやってみたいのであれば、かつて自分が通っていた塾を訪ねてみるのも一つの方法です。正社員、フリーエージェントで働くプロ講師に比べると学生バイトは雇用されやすいです。そして、何よりも塾講師に一番簡単になれるのは、元教え子としてOB講師として雇ってもらう事です。勿論、簡単な面接や書類の提出、場合によっては模擬授業などを課される場合もあるとは思いますが、OBとして雇われるのは他の方法よりもハードルが低いです。

Copyright © 塾講師を目指す際のハードル, All rights reserved.