アルバイトでの心得

塾講師としてアルバイトする際の心得ですが、お客様である教え子との距離感が非常に重要です。仲良くなり過ぎると慣れ慣れしくされたり、講師としての威厳が保てなくなります。逆に、距離を大きくあけてしまうと教え子がついてきてくれないという状況に陥ります。授業中は真剣に、時にはユーモアを交えて教え子を引き付ける授業を行わなくてはなりません。究極的には人間性が求められるお仕事です。

自らの受け持つ教科を中心に受験で使う勉強の知識が豊富で、論理的な説明ができる。それに加えて表現力が必要になってきます。また、アルバイト講師だと自らが担当する授業のコマ割り以外にも、予習の時間が必要であったり、採点の仕事や事務処理の仕事が課される場合が多いようです。高時給に見えるからという単純な理由で飛びつくような真似はせず、教育業界に携わりたいという強く前向きな気持ちが無いと、とても務まらないお仕事です。生徒さんは多感な10代の方が多いので、時間外で勉強の相談を受けたり、時には人として人生の相談を受ける事や雑談を求められる事もあるでしょう。自らが教え子と共に成長していきたいという気持ちが教育業界ではとても重要になってきます。

Copyright © 塾講師を目指す際のハードル, All rights reserved.