塾講師を目指したい

塾講師という業種は、学生を中心に人気があります。生徒に指導するということは、筋が通ったことをきちんと説明する訓練になるからです。これは、自らの論理力の向上や、企業で働く際のプレゼンテーション能力の向上につながります。学生バイトとして塾講師を選択すると、お堅い業種でもある関係で、面接の際に企業からの印象もとても良いようです。

この塾講師という業種ですが、大雑把にカテゴライズすると正社員として塾に専属で所属して生徒に教えるプロ講師と、学生などアルバイトとして教えるアルバイト講師という区分があります。(例外としてフリーエージェント講師もいます。)正社員のプロ講師の方が担当のコマ数が多く、それに応じて給料が高い傾向に一般的にはあります。また、プロ講師は場合によっては会社の方式にもよりますが、フリーエージェントとして複数の塾を掛け持ちしている場合もあります。アルバイト講師の場合は、大学生や大学院生が多く、決められた教科について教えている場合が多いです。この場合は、学生なので時間に制約がある関係上、少ないコマ数になることが多いようです。

そして、塾講師はとてもやりがいのあるお仕事です。生徒が日々、成長していく姿を見ることももちろんのことですが、実は指導することによって自分自身も生徒から教えられることがたくさんあります。人に教えるということは己の成長につながるとよく言いますが、まさにその通りなのです。

Copyright © 塾講師を目指す際のハードル, All rights reserved.